日本生物環境工学会2018年東京大会

2018年09月27日

日本生物環境工学会2018年東京学会で当研究室から7名が発表を行いました。

 

2018918日(火)~921日(金)

東京農工大学 府中キャンパス


口頭(受賞講演):「植物工場における概日時計の計測と制御に関する基盤研究」
福田 弘和

口頭:「植物工場トマトでの強固なmpt設定と1時点サンプリングによる体内時刻推定」 9/20
谷垣悠介、福田 弘和

口頭:「ハイパースペクトルデータの統計解析による植物概日時計由来のリズム検出」 9/21
三妙彬斗、長野将吾、福田 弘和

口頭:「レタス苗の生理情報計測システムの開発と苗診断情報による成長解析」 9/20
〇守行正悟 宮城勇作 小野慎司 福田弘和

ポスター:「薬用植物ツボクサの全遺伝子発現解析と自生産地の気象データとの相関解析」 9/19
福田 弘和、谷垣悠介、〇植田瑛晶

ポスター:「大規模植物工場におけるRFIDを用いた育苗から栽培にかけたレタス個体管理システムの開発」 9/19
〇小野慎司 守行正悟 宮城勇作 福田弘和

ポスター:「Optical Flowを用いた植物工場におけるレタス苗成長予測のための概日リズム検出手法の構築」 9/19
〇長野将吾 守行正悟 福田弘和

 

 


 


学会・ゼミ