あなたも参加しませんか?

こんなメンバーです

楽しく活動しています。

topbg_top.png

NEWS


3月5日に行われた東京工大ビジネスコンぺに本学履修生が参加し、
優秀賞を獲得しましたので、以下にご報告いたします。

・イベント名 : 第1回ビジネス構想コンペティション -学生と企業人との協創
・主催 : 東京工業大学博士課程教育リーディングプログラム4教育院

・「優秀賞」 受賞
  ファイナリスト10チーム中、表彰は最優秀賞1チーム、優秀賞2チーム。
 (採点結果としては、最優秀賞に次ぐ点数だったようです)

・受賞者 
  チーム名「iFACTtory」
   大安 晃  (工学研究科 物質・化学系専攻 化学工学分野 M1) 
  長野 将吾 (工学研究科 機械系専攻 機械工学分野 M1)

・テーマ 【排ガス処理】×【植物工場】 
     ~排ガス処理技術と植物工場を融合させた次世代型農業の提案~

(コンペの概要)
開催日時
  平成28年3月5日(土)9:30~19:30(8:30より受付)
開催場所
  TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
参加
  9大学の19学生チーム
審査方法
  【プレゼンテーション→企業人との協働による提案ブラッシュアップ→最終プレゼンテーション】
  あるいは【ポスター発表】

記事URL

https://lne.st/2016/03/23/leading/

2月28日に開催されたEDGEコンペでバイオプロダクション工学研究グループ所属の長野さんが

◎シルバー賞
◎オーディエンス賞

の2賞を受賞しました

EDGEコンぺでは50組以上の応募から11組が最終コンペに残り,
その中の4つの賞のうち,2つの賞を受賞することができました.

大阪府立大学HP:http://www.osakafu-u.ac.jp/news/2015/nws20160302.html


JSTさきがけ研究に採択されました(2015年12月)。

研究者・研究課題:福田弘和「精密環境オミクスデータに基づく植物生産不安定性の解明」
研究領域:「情報科学との協働による革新的な農産物栽培手法を実現するための技術基盤の創出」
リンク先:http://www.jst.go.jp/kisoken/presto/news/2015/151120/151120presto.pdf


光科学技術振興財団の平成26年度研究助成に採択されました。
 「脱分化を誘起する体内時計のトポロジカル同期制御」
(代表:福田 弘和 )

http://www.refost-hq.jp/kenkyu.html


稲盛財団研究助成事業に採択されました。
 「体内時計のトポロジカルチャージによる植物の脱分化現象の解明」(代表:福田 弘和 )

http://www.inamori-f.or.jp/index_j2.html

2014.12.20
ポスドク公募・テクニシャン公募を開始しました。

2014.6.12
「超高速環境パラメータ最適化の研究会」の開催について 2014年8月7日

2014.4.5
大学院生・テクニシャン・ポスドク 募集中!

2014.4.5
学会発表やシンポジウム講演の予定


topbg_bot.png

topbg_top.png

topbg_bot.png

おすすめスポット

【2014府大キーパーソン/代表】
高度に最適化された人工光型植物工場の研究開発

詳細説明

【2014基盤B/分担】
注入同期の物理限界を実現する最適設計論の確立および新規な応用開拓

詳細説明

【2013COI-T/分担】
次世代水素エネルギー社会の実現

詳細説明

【2013若手A/代表】
細胞から個体までの全階層を繋ぐ包括的代謝制御体系「体内時計制御工学」の基盤研究

詳細説明

【2013新学術公募/代表】
体内時計の同調臨界点における代謝不安定化機構のオミクス解析と数理モデル

詳細説明

【2013新学術公募/代表】
成長点の体内時計が自発形成する脱同期パターンの物理特性と生理機能の解明

詳細説明

【2013キャノン財団/代表】
植物工場における超高速環境パラメータ最適化手法の開発

詳細説明